【任意後見契約】

認知症になった時のことを想像したことがありますか?
少しだけ記憶が曖昧だったりできないことが増えたりするだけで、穏やかで幸せな日々が続いている毎日なのに、法律的には自分では契約行為や預金の引き出しなど財産管理ができない人と認定されてしまいます。
認知症になってしまったら、裁判所が決めた見ず知らずの「法定後見人」があなたの財産を管理することになり、自分の財産なのに自由に使うことができなくなるのですが、今のうちから準備しておけば、家族や信頼できる第三者を「任意後見人」として決めることができます。
あなたの代わりに権利を行使してくれたり、あなたと一緒に義務を果たしてくれる人を今のうちから決めておきたいならば、任意後見契約を結んでおいてください。

費用の一例(価格は全て消費税込)

<契約書作成報酬>

・移行型(財産管理委任契約+任意後見契約)110,000円〜
・将来型(見守り契約+任意後見契約)88,000円〜
(証明書取得費等の実費・交通費・公正証書作成費用を除く)

<月額報酬>

・財産管理委任契約
(管理財産金額5千万円まで)22,000円〜(交通費別)
(管理財産金額5千万円以上33,000円〜(交通費別)

・任意後見契約
(管理財産金額5千万円まで)27,500円〜(交通費別)
(管理財産金額5千万円以上)38,500円〜(交通費別)

・見守り契約
(月1回連絡)月額3,300円〜(税抜)
(月1回連絡・訪問)月額5,500円〜(交通費別)